初日の出を確実に寝過ごさない方法!大晦日は寝れない!?

  • LINEで送る

2017年もようやく終わり、2018年が幕を開けますね~!

年越しといえば、初日の出を見てみたいという方もいるのではないでしょうか?

ただ、毎年初日の出を見たいのに寝過ごしてしまったりしてみることができなかった!なんて経験をしたかたもいるのではと思います。

今回は初日の出を確実に寝過ごさない方法や大晦日に寝れないときはどうしたらいいのかについて調べてみました!

スポンサーリンク

初日の出を寝過ごさない方法!

初日の出を見ると、1年の幕開けを感じてなんだか良い年になりそうだなと感じる方もいるのではないでしょうか?

眺めて楽しんでも良いし、写真に収めて思い出として残すのも良いし、様々な楽しみ方があります。

ただ、初日の出を見たい方にとって「寝過ごしてしまった」というのはとても悲しいミスですよね~

特に大晦日はいろいろな番組やイベントもやっていますし、なかなか眠れないというのが現実です。

そんな中で初日の出を確実に寝過ごさないで見る方法についてまとめてみました!

まず、初日の出を寝過ごしてしまう原因として夜に眠れないということが多いと思います。

なので、一番理想なのは前日の夜は早めに寝るということなのですが・・・

実践するのはなかなか難しいですよね。

なので、遅くまで起きてしまった状態で寝過ごさないということが重要なのですが、方法があります。

その方法は「深い眠りにつかない」ということです。

あくまでも「仮眠」をとるつもりで眠ることが寝過ごさないために大切ですね!

なので大晦日の夜に深い眠りについてしまわない対策として

・布団の中では眠らない
・なるべく窓に近い場所で眠る
・30分おきにアラームをセットする

この3つが初日の出を寝過ごさないために重要になります!

特に30分おきにアラームをセットするというのは人間の本能で30分以上眠ると深い眠りに入ってしまうことから、30分おきにアラームで眠りから覚めておく必要があります。

そして、初日の出の時間と太陽の方角をあらかじめ覚えておくことで、目覚めてから初日の出をみるまでにやるべきことをスムーズに行うことができます。

来年こそはどうしても初日の出を見たい!という方はぜひこれらの方法を試してみてください!

大晦日は寝れない人が多い!

大晦日は眠れないという方が多いですよね。

確かに大晦日は初詣などの恒例行事やイベント、年末の特番などがありますし、もはや寝かせるつもりがないのではと思います(笑)

特別な日だからといっても、できれば眠れるようにしたいと思う方も多いのではないでしょうか?

人によっては年始からお仕事という方もいますし、イベントごとに行く方も前日は寝ておきたいものですよね。

大晦日に確実に寝る方法として、大晦日の1日前から寝ないでおくという手段があります。

1日前から起きていることで、大晦日には眠気のピークがきていることでしょう。この状態で寝ないということが逆につらいんです。

ただ、これは自分へのダメージも大きいのであまりお勧めしません(笑)

大晦日に本当に眠れないというのであれば、思い切って寝ないで過ごすという考え方も大切です。

眠くもないのに寝ようと思い続けると心身にかなりのストレスがかかりますし、せっかくの新年を幸せに迎えられないかもしれませんからね~

どうせなら年末年始くらいは気持ちをすこしゆるめて、気楽に生活するというのもいいまもしれませんね!

まとめ

今回は初日の出を確実に寝過ごさないための方法や、大晦日に寝れないときどうしたらいいの?ということについて調べてみました!

寝過ごさないために重要なことは深く眠らないことです。

大晦日にどうしても眠れない場合はあえて寝ないでゆるく生きるというスタンスになりましょう(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。