はれのひ(harenohi)着物の返金や払い戻しはある?社長と社員の住所はどこ?

  • LINEで送る

はれのひ(harenohi)は成人式のための振り袖販売やレンタル、着付けを手掛ける業者として毎年利用する方が多くいるのですが

今回はその会社が突如閉店となったことで混乱を招いています。

これについて返金や払い戻しを求める方も多くいるので、実際に閉店してしまった会社の返金や払い戻しについて調べてみました。

スポンサーリンク

はれのひ着物の返金は?


実際の今回突然の閉店となったはれのひの着物代について返金や払い戻しはされるのでしょうか。

これは結論から言うと支払い方法によって返金が行われる可能性が変わるということです。

基本的に現金で支払いをしている方はすべてのお金が会社に渡ってしまっているため、会社の資産や判断で返金できるかどうかが決まります。

もう一つはクレジットカードで支払いをしている方。これについてはお金は一度クレジットカード会社を通して支払われています。

なので、クレジットカードを利用して支払った商品が受け取れない状況になった場合、資産のあるクレジット会社が代金を立て替えて返金してくれる場合があります。

とはいっても現金払いの人にとっても大きな損失をしたわけですから、同じように返金されないと困りますよね。

過去に起きた同じような事件として「てるみくらぶ」倒産事件がありました。

その際はクレジットカード払いの方は返金を受けたようですが、現金払いの人は少し特殊な方法で返金を申請することができたようです。

旅行業法による「弁済業務保証金制度」というものがあり、全額ではないものの返金を受け取れた例があるようです。

今回のはれのひについても、社長や社員、企業の特定が早まれば返金について何らかの結論が出てくるかと思います。

今後も詳細な情報が入りましたら追記していきたいと思います。

はれのひ社長や社員の行方はどこ?

突如として閉店したはれのひですが、会社はおろか店舗や社長、社員までもが雲隠れしてしまっています。

これについては今後警察の捜査が入るかと思いますが、それにしてもなぜ成人式の当日に閉店をしたのでしょうか?

考えられるのは、そもそも予約分の着物を用意していなかったり、既に破産を目前にして代金を集めても着物の発注ができない状態だった可能性が高いです。

そうなるとそもそも着物のレンタルを行うつもりがなかったにも関わらず代金を持ち逃げしたとして立派な詐欺になりますよね。

これははやめに社長や社員の居場所を突き止めておかなければなりません。

とはいっても、会社として存在していた以上その情報は公開されているので社長、社員の現住所などはすでに特定されているかと思います。

今後は謝罪を含めて今回の事件のいきさつをしっかりと説明し、返金対応についても最後まで責任を持ってほしいですね。

まとめ

今回ははれのひ閉店事件について返金や社員の行方について調べてみました。

着物はとにかく単価が高いですし、人によっては100万近く支払ったようなので、返金はかなり重要になってきますね。

今後もはれのひについての詳細を折っていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。