ギタリストのichikaがイケメンすぎる!プロフィールや出身大学とライブ情報など!

  • LINEで送る

こんにちは!

早速ですが、僕が最近知った中でも特にこのギタリストがすごい!と思った人物を紹介したいと思います。

その方が「ichika」という方。

彼は現在個人のギタリストとして活動していて、あまり有名な方ではないのですが、

とにかくそのテクニックと表現力がとびぬけてスゴい!と感じたんですね。

今回はそのichikaさんのプロフィールなどを調べてみました!

スポンサーリンク

ichikaってどんな人?

ichikaさんは日本のギタリストとして音楽活動をされています。

Among The Sleepというバンドに所属していますが、基本的にはソロでの活動が多いとのこと。

また、Takenawa Intrigueというギタリストによるプロジェクトに参加しており、

そこでもichikaさんの楽曲を聴くことができます。

https://takenawaintrigue.bandcamp.com/releases

最近Sound Cloudにも登録したそうですが、あまりこちらには投稿していないようで、今後どのように使われるかが気になりますね!

https://soundcloud.com/injcs

現在の年齢は23歳、大学生でウィルスの研究をしているという異色の経歴を持っています。

詳細な大学の情報は公開されていませんでしたが、都内の大学に通っているとの噂もありますね!

常に体調がよくないようで、よく落とし物をするクセがあるらしいです。

また目があまりよくないらしく、コンタクトをしているのですがたまにこういった天然をかますことも(笑)

ichikaさんは小学校から高校までの間、格闘技を習っていたみたいですね。

ちなみにその格闘技は柔道だったみたいです

ただ、それを辞めた途端に病弱になってしまったとのこと。

そんなichikaさんですが音楽の経歴としては3歳の頃からピアノをしており、

その影響もあってか、ichikaさんの曲はクラシックなものやジャズ、ブルース調のメロディが多く見受けられます。

ただ、エレキギターを始めたのはここ数年だということですから驚きですね。

なぜかって、ichikaさんはそのギターの演奏がものすごいんです!

実際にそのギタープレイを見てみましょう。

イケメンでギターがうまい!

ichikaさんの最も素晴らしいところはやはりその顔の良さと楽曲やギターテクニックです。

よくinstagramやtwitterにその演奏動画を挙げているのですが、それだけでスゴさが分かりますよ!

いかがでしょうか?

ただただ演奏技術が高いだけではなく、メロディもとてもおしゃれにできていますよね~。

そしてichikaさんのイケメン具合がすごいです(笑)

やはり今までのギタリストと雰囲気が違うのは、元々ピアノをやっていた影響が大きいみたいですね。

音の作り方がとてもクラシカルで本人もメルヘンチックな世界観を好んでいるようです。

ichikaさん本人の作品についてはyoutubeに上がっていますので一部ご紹介します。

まず代表的なのが、デビューシングル”forn“に収録されている”a bell is not a bell“という楽曲です。

また、ichikaさんは7弦ギターを使用しているという事もあり、メタル系の楽曲も制作しています。

代表的なものにLysisという楽曲があります。

曲調が変わってもichikaさんの独特の世界観はブレずメロディに出ていますね。

これらの楽曲を聴いて僕は感動しましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?

記事を読んでくださり、少しでもichikaさんのことが気になりましたら、ぜひ他の楽曲などもチェックしてみてください!

ライブ情報は?

まだまだ世間に知られていないichikaさんですが、彼のLIVE情報などはどこにあるのでしょうか?

ichikaさん自身の公式サイトなどは作られていないようなので、基本的にそういった発表はtwitter上で行われるようです。

そしてichikaさんのtwitterがこちら。

https://twitter.com/injcs

残念ながら彼は現在のところ、ワンマンLIVEなどはやっていないようです。

別バンドのライブなどでオープニングアクトやゲストとして登場しているみたいですね。

ゲスの極み乙女。やDADARAYで活動する休日課長さんと仲が良いそうで、

彼のバンドのオープニングアクトにはよく呼ばれるそうです。

なので、ichikaさんの演奏を生で見たい!という方は、

こういったオープニングアクトで呼ばれているライブなどに参加するのが確実ですね(^^♪

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事でichikaさんの独特の世界観や魅力が少しでも伝わればなと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。