劇団四季のミュージカルが海外進出!演目と上演国は?

  • LINEで送る

劇団四季のミュージカル「人間になりたがった猫」が中国でライセンス上演されることになり、北京で10日、制作発表会が開かれた。
劇団四季が中国企業とライセンスに関する契約を結び、台本や楽曲を提供。演出は中国側が担う。同劇団が上演権を自社以外で活用するのは初めてという。Yahooニュース

スポンサーリンク

進出したのは中国・上海!

今まで長らく日本で愛されてきた劇団四季のミュージカルですが、今回はなんと中国へ進出したということで世界進出の第一歩として話題になりそうですね!

しかし、中国でミュージカルという言葉にあまりなじみがない方が多いのではないかと思われます。

事実、中国ではミュージカルに関してあまり盛り上がっているというわけではないんですね。全体的に見ても認知度が低いと思われます。

中国での上演は日本の俳優が行うのではなく、あくまで台本や楽曲の提供に留まります。演出を行うのは実際に中国で活躍している俳優が担当するということで、何が起きるのか全く想像つきません!

日本とはまた変わったテイストになることが予想されますが、はたして劇団四季のミュージカルは中国で受け入れられるのでしょうか。

どんなミュージカルになるのか?

中国では歌や踊りに合わせて演じるという流れにあまりなじみを感じませんが、どのように完成系へもっていくのでしょうか?

こういった文化がない分、中国には人並み外れた能力を持つ人がいるイメージがあります。

最たる例としては中国雑技団など、体操やアクロバティックな面で素晴らしい技術を持っていますよね。

もしそういった強みを取り入れたミュージカルになるとしたら、今までにない斬新な演技を楽しむことができそうですよね!

いずれにしても、今後の中国という国がミュージカルをどのように取り込んでいくかが注目です!

まとめ

まだまだ始まったばかりですが、これもミュージカルという文化の進化を見ているということなのでしょうか。

今後、中国で劇団四季のミュージカルが上演されるようになれば、ぜひ見に行ってみたいですね!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。