ガソリンの値下げはいつから?2019年のガソリン価格を予想!

  • LINEで送る

2018年にはいってからというもの、ガソリン価格上昇が続いています。

気になるのは、ここからガソリンの値下げに転じるのは一体いつのなるのかということですね。

今回はガソリンの値下げが一体いつから始まるのか、ガソリン価格はどうなっていくのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

ガソリンの値下げはいつから?

ガソリンの値下げは一体いつからになるのか、調べてみました。

最近では特にガソリンの値上げが止まらず、一体いつになったら安くなるの・・・と頭を抱えたくなるような気持ちになりますね。

結論から言うと、短期的に見ると、毎年2月8月ごろには一時的なガソリンの値下げが行われる傾向があることがわかりました。

今までのガソリン価格がどうなってきたのか、過去五年間のガソリン価格をグラフにしたものを見てみましょう。

2016年の2月ってこんなに安かったんですね・・・

ガソリン価格はここを境に立て続けに上昇しています。

グラフを見ても、2月、8月にはガソリン価格の上昇が一時的に止まっているのがわかります。

また、2016年の2月ほどのガソリン価格の値下げが今後行われるかについては日本国内だけではなく、産油国である中東地域の社会情勢に大きく左右されます。

なので、今後ガソリンの大幅な値下げが行われる時期についてははっきりとしていないというのが現状ですね。

逆を言えば、こういったガソリンを取り巻く世界情勢が良い方向に転じれば、すぐにでもガソリンの値下げは行われるでしょう。

2019年のガソリン価格を予想!

2019年以降、ガソリンの価格はどうなっていくのか、今後の推移を予想してみました。

ここ最近でガソリン価格は160円という高値を記録していますが、この状況について報道ではこのように書かれていました。

元売り各社は調達コストの減少を映し、今週1リットル1.5円卸値を引き下げると系列の給油所に通知した。調査を担う石油情報センターは「来週は値下がりする」と予想している。

最短でも来週から値下がりをすると書いてありますが、これは元売り会社のコスト削減策を投じた結果であり、一時的なものになると見ています。

なので来年からもガソリン価格が安くなるのかというと、必ずしもそうとは言えなさそうです。

そもそも、ここまでガソリンの高騰が続いているのは石油輸出国機構(OPEC)が取り決めた「協調減産」というものが原因です。

中東などの産油国で作る石油輸出国機構(OPEC)は原油安を打開するために、国ごとに生産枠の上限を決める協調減産を17年1月から始めました。

要するに国ごとにガソリンの生産が制限され、供給が絞られているためにガソリンの価格が上がっているのです。

日本がガソリン価格を大幅に下げるにはこの協調減産が緩和されることが必須条件となるため、OPECの動向次第で今後の価格が変わっていきます。

今後のガソリン価格がどのように変化するのか、引き続き新たな情報がありましたら追記していきたいと思います。

まとめ

今回はガソリンが値下げするのはいつからなのか、2019年のガソリン価格はどうなるのかについて調べてみました。

ガソリンの値上げが収まるのはに来週以降から。ここから値下げに転じるのは来年の8月頃になりそうです。

ガソリン価格については1年を通して上昇傾向にあるようです。2019年も価格の上昇が予想されます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。