疲労感を無くすには?疲れを抑えるための方法5選!

  • LINEで送る

皆さんは普段疲労感を感じるなぁと言う時、どのくらいあるでしょうか?

疲労感を感じると身体がだるかったり、集中できないなーと思ってしまうことって無いですか?

その疲労感は体に休憩が必要だというメッセージなのかもしれません。

実際、社会人で疲労感を感じている人は50%以上もいるんですね。

それでは、その疲労感を無くすにはどうすればいいのでしょうか、調べてみました。

スポンサーリンク

疲労を和らげる方法!

軽い運動

運動をすることで、体全体の血流が良くなり、結果的に新陳代謝がアップして、疲労を回復してくれます!

仕事に疲れ、家でゴロゴロしていることが疲労ヘとつながるループだったんですね・・・

この繰り返しを無くすためにも、週末は運動してみる計画を立てて見てはいかがでしょうか?

食事

十分な食事が取れていないと、体に栄養が蓄えられず、疲れや病気の元になってしまうかもしれません。

特に朝ごはんを抜くと体の体温が落ちて、疲労を感じやすくなってしまいます。

1日3食のバランスの良い食事で疲労回復に効く食べ物を取り入れましょう。

食べ過ぎと脂っこいもの、お酒は控えないと肝臓や胃腸が疲労するので注意!

寝る

睡眠は疲労を回復する一番大きな要素です。特に眠りの質によって翌日の疲れが大きく変わります。

忙しくてあまり眠れない!という人はスキマ時間を見つけて少しだけ寝てみましょう。30分以内の睡眠は疲労回復に効果があります。

ちなみに寝だめというのは全く効果がないのでご注意を!寝る時間と深さが必要です。

寝る前になにか食べたり、パソコンを触ったりしちゃダメですよ。

まずはこの3つを見直すだけでも疲労回復し疲れにくい身体を作れます。運動、食事、睡眠が疲労回復の基本です。

全部無理でも1つずつ!

お風呂に入る

シャワーだけではなく、湯船にしっかりつかりましょう。血行を促進すると疲労物質を取り除く効果アップ!

39℃くらいのぬるめのお湯に30分くらいつかるのがいいですね。

お風呂から上がって湯冷めしていくときに眠気がくるので、それを逃さず寝ると良い睡眠もとれますよ。

ドリンク剤、サプリメント

どうしてもあまりにも疲れて他のことが実践できないならドリンク剤、サプリに頼るのもありです。

安いドリンク剤はあまり栄養は入っておらずカフェインで効いたような気がするものが多いです。

まとめ

ストレスを解消したりいろいろまだ疲れを解消する方法はいくつかあります。

疲労回復の基本をなんとかしないといつまでたっても疲労はとれません。疲れにくい身体を作るには運動、睡眠、食事を改善しないとダメなことを忘れないように。

疲れたなと思ったらドリンク剤を飲んだりマッサージをしたりして疲れを溜める前に対処していきましょう。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。