気になるまぶたのぴくぴく、原因はコレだった!?

  • LINEで送る

皆さんはまぶたが突然ぴくぴくして違和感を感じたりはしないでしょうか?

すぐに止まったり、あるいは止まらなかったり。

ちなみに私の場合はくしゃみをするとしばらくまぶたがぴくぴくします・・・

この小さな痙攣、原因は一体何なのでしょうか?対策について調べてみました。

スポンサーリンク

まぶたのぴくぴく、原因は?

このぴくぴくとしたまぶたの動きは筋肉の痙攣によって起きています。

しかも、原因は様々で、筋肉の誤動作から脳の異常まで様々です。

場合によっては放っておかない方がよいこともあるので注意が必要です。今回はその原因を紹介していきます。

眼瞼ミオキミアが原因!?

まぶたのピクピク痙攣の原因のひとつに眼瞼ミオキミア(がんけんみおきみあ)というものがあります。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、まぶたがピクピクと痙攣する原因で最も多いものです。

この眼瞼ミオキミアの原因は眼の疲れ、ストレス、疲労、寝不足、カフェイン、アルコール、タバコと言われています。

よく疲れてるなあと思った時によく起こりますが、関係なく突然なることも多いです。

とくにストレスのサインとして出ていることも多いため、まぶたがピクピクと痙攣しているなら一息入れたり、気分転換するようにしてあげましょう。

上まぶた、下まぶたのどちらにもピクピクと痙攣することがあり、数秒で治ります。

多くは片目だけに起こり、1日に何回も出たり、数週間続くこともあります。

眼瞼ミオキミアの治し方は自然と治るので放置ですね。早めの就寝、休む、眼を休めると治りやすくなります。

眼瞼痙攣かも?

まぶたがピクピクと痙攣する原因に眼瞼痙攣という病気もあります。

眼の周りの筋肉である眼輪筋がピクピクと痙攣するため、まぶたがピクピクしているように感じます。

通常は両眼に同時に症状が出ます。

数秒から数十秒と眼瞼ミオキミアよりも少しだけ長く起こります。

そして症状が進行すると眼の周りの筋肉だけでなく、口の周りの筋肉もピクピクと痙攣するようになります。

眼瞼痙攣になってしまうのは顔の筋肉を支配している神経(顔面神経)が圧迫されて神経が出す信号に異常が出るためです。

圧迫されてしまうのは動脈硬化や腫瘍と言われています。また脳に異常がある場合なども。まだまだすべての原因が解明されているわけではありません。

眼瞼痙攣のその他の症状には眼がショボショボする、まぶしいなどが出ることも。

起こりやすいのは40代の女性、中高年男性と言われています。

眼瞼痙攣を完全に治すことは難しく、治療法は確立していません。すべて対症療法(症状をうまく抑えてコントロールしていく)になっています。

抗痙攣薬

症状が軽い場合に痙攣を抑える飲み薬を処方されることがあります。

あくまで軽い痙攣でないと効きません。

ボツリヌス療法

美容整形でも使われるボツリヌス注射です。現在はこの治療法が選択されることが多いです。

痙攣が起きている筋肉にボツリヌス毒素を注射することで筋肉が動くために必要なアセチルコリンという神経伝達物質が抑制されるため、痙攣を抑えることが出来るのです。

この注射によってかなり症状は改善されますが、1回の注射で4カ月くらいしか効果は持続しないため、継続して注射する必要があります。

まとめ

全体から見ればこの痙攣は疲れ目から来ているという人が多いです。

日々、スマホやタブレットなどを見ている人は特にこの現象が起きやすいですね。

それだけではなく、悩みやストレスを抱えている、睡眠不足など、自分へのヘルプサインである可能性もあります。

一度自分の生活を見直して原因がないか調べてみましょう!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。