いざという時の告白で振られない方法!シチュエーションなど10選!

  • LINEで送る

とうとうこの時がきた!

と、告白の前になるととても緊張してしまいますよね。

もしかしたら振られてしまうかも、断られた後が気まずい・・・

など、いろいろなことが不安に思えてしまいます。

そんな告白のシチュエーションで振られないようにするためにタイミングを考えて告白してみましょう!

スポンサーリンク

成功率が上がる告白のタイミング10選!

イベントの前に告白

クリスマスやバレンタインデーなど、イベントの前はなんとなくボッチが寂しくなってしまいます。
そんな心理を利用して、イベントの前に告白しましょう。

何もない時に告白するより成功率はグッとあがります。

お酒が入っている時に告白

少しお酒が入ってほろ酔い気分の時に告白しましょう。
お酒の力で気分も大らかになっているのと、少し酔っているカレにアナタはとてもセクシーに見えているはず。

ただし、前後不覚になるまで泥酔している時はNGです。

2人きりになった時

2人になった時も告白のチャンス。
2人の空間にカレもなんとなくドキドキしてしまっているはず。

とても勇気がいりますが、2人きりになると、男性は恋愛モードに入りやすいので、成功率も上がりやすいのです。

お昼より夕方か夜

告白する時間は朝やお昼間よりも、夕暮れ時や夜など、暗い時間帯を選びましょう。
人間は日中よりも夜の方がリラックスしています。

リラックスした状態の方が相手の事を受け入れやすくなるのです。

食前よりも食後!

食事前の空腹時は、人間は不機嫌になりやすいもの。
それに比べて食後は満腹で機嫌もよい状態です。

気持ちに余裕もあるので話も聞いてもらいやすいでしょう。
告白は空腹時より満腹時を狙いましょう。

シンプルに「好きです」

直球ストレートな言葉は意外と男性の胸に響くモノです。
周りくどく遠まわしに話しても伝わりにくいですし、相手も何が言いたいのかとイライラします。

シンプルに「好きです。」と伝えるのは効果的です。

可愛く問いかけ

相手に問いかける形の告白法もいいでしょう。
中でも「君の事好きになっちゃったの。ダメかな?」と、ダメ?と可愛く問いかけるのがオススメ。

なかなかダメとは言いにくいので成功率もあがります。

さりげなくあっさりと

2人で食事したり、映画に行ったりした後に、「私、好きな人としかこういうことしないんだ。」とさりげなく伝えてみましょう。
思いがけない告白にカレはすっかりドギマギして、アナタのことを意識し始めるかもしれません。

強気のツンデレ作戦

カレとの友人期間が長いとか、素直に告白するキャラじゃない、なんて言う人には「私の気持ち知ってるんでしょ!」などと、強気に攻めましょう。
はにかんで伝えることでアナタの可愛らしい面が強調されますよ。

「一緒に」を強調

「これからも一緒に居たいな。」「これからも一緒に笑っててくれる?」など、カレと一緒に、を強調しましょう。
一緒に、と言う言葉を付けることで2人の未来が想像しやすくなり、前向きな気分になるのです。

素敵な告白をしよう

告白を成功させるには、シチュエーション、セリフ、タイミングも大切ですが、それまでに2人の関係をしっかりと構築しておくことが最重要です。

会話を重ねて、あなたの魅力や人間性をしっかりとカレに知ってもらえるように、日ごろから努力しておきましょう。
努力は必ず花開きます。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。