歌手のクリス・コーネル氏が死去!死因は?ストーカーを受けていた!?

  • LINEで送る

ロックバンド「サウンドガーデン」「オーディオスレイヴ」のボーカルとして知られた米歌手のクリス・コーネル氏が17日、デトロイトで死去した。死因は不明。52歳。米メディアが報じた。
コーネル氏は17日、4月から米ツアー中の「サウンドガーデン」とデトロイトで演奏していた。訃報について、代理人は「突然かつ予期しない」と話している。Yahooニュース

スポンサーリンク

突然の訃報、死因は?

アメリカ、シアトル出身のシンガーソングライターであり歌手のクリス・コーネル氏が死去したということで、アメリカのロックバンド界は衝撃を受けています。

52歳という若さでこの世を去るというのは誰にも予想できなかったでしょう。関係者も予期しない出来事だと語っています。

さて、このクリス・コーネル氏の突然の死去、死因は何だったのでしょう?

今のところ公式な発表はされておらず、「死因は不明」とだけ通知されていますが個人的には実に不自然だなと思います。

突然の死去であれば持病や体調が悪化したというのも考えにくいですし、

事故であれば、搬送された病院や事故現場の情報が入ってくるはずなのです。

ところが日本はおろか、アメリカの情報誌などでも詳しい情報が載っていないんですね。

なぜデトロイト?

もう一つ気になるのが死去している場所がデトロイトということです。

デトロイトといえば治安があまりよくないイメージもありますし、なぜそこにいたのかもわかりません。

もしデトロイトに住んでいたならば「デトロイトにある自宅で」など、もう少し詳しい状況が見えてくるはずです。

自殺という線も考えられますが、あまりに情報が少ないので断定はしづらいですね。

52歳まで生きてなぜ突然自殺を決断したのかというのも疑問に残ります。

自分が最後に思うのはクリス・コーネル氏は殺害されたのではないかということです。

実はクリス・コーネル氏はストーカー被害に合っており、2016年に裁判になるも相手が行方をくらましてしまったため

今も未解決となっていたのです。

以前からストーカー被害に合っていた

クリス・コーネル氏は数年前からストーカー被害を受けていました。

ストーカーの相手は元警察官のマット・ターナージェシカ・ロビンスという女性です。

マット・ターナーは過去3回以上クリス・コーネル氏の自宅に侵入し、入浴中のコーネル夫人に対して脅迫行為を行っています。

ジェシカ・ロビンスはオンラインを通じて何百もの脅迫的なメッセージをクリス・コーネルとその家族に送り、

また7時間かけて彼の家に行き、侵入を試みたとしてストーカー行為で告発されています。

このうち、ジェシカ・ロビンス氏は2016年5月24日に審問のため連邦裁判所を訪れるはずだったのですが現れず、

装着が義務付けられていたGPS装置を外し逃走してしまいました。

現在も行方をくらましており、逮捕状がでているそうです。

この背景を見る限り、クリス・コーネル氏はこのストーカーに殺害されたのではないかと考えています。

ストーカーの被害があった後、クリス・コーネル氏は極秘に引越しを行い、かなりセキュリティの固い住宅に住んでいると聞きますが

逆にこれがストーカーの心に火を付けたのでしょうか・・・

いずれにしても死因が不明であるということから穏やかな感じがしません。

このストーカーが早急に捕まってくれることを願います。

そして、クリス・コーネル氏には安らかに眠ってほしいですね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。