時事・社会

プレ金でもサービス業は帰れない!広まらない原因と理由は?

 日本商工会議所の三村明夫会頭は19日、夏季政策懇談会後の記者会見で、月末金曜日の退社時間を早めて消費を喚起するプレミアムフライデー(プレ金)について、「(開始から)6カ月たつ。一つの評価を下した方がいい」と指摘し、半年の節目でいったん総括して評価すべきだとの認識を示した。Yahooニュース

通称”プレ金”という名前で進められてきたプレミアムフライデー。

開始から6ヶ月が経ったということで、節目としてどのように評価されるのでしょうか。

皆さんはこの6ヶ月間、プレミアムフライデーをどのように過ごしましたか?

中には、全くプレミアムフライデーを実感できなかったという方もいるのではないでしょうか。

そんなプレ金に対する不満やプレ金が広まらなかった理由についてまとめてみました。

続きを読む

18禁漫画を模倣した犯罪、原因は?漫画は規制されるべき?

埼玉県警がエロ表現を規制するよう漫画家に「申し入れ」をした――。そんな報道が波紋を呼んでいる。Yahooニュース

エロ漫画をマネした犯罪は漫画のせい??

最近起きた18禁漫画を模倣したとされる犯罪で、警察がアダルト表現を規制するように申し入れていたことがわかりました。

発端となった事件の詳細がこちら

”今月12日、埼玉県警は、埼玉県草加市在住の無職・矢崎勇也容疑者(35)を住居侵入罪、強制わいせつ罪などで再逮捕(同罪状で逮捕済み)したと発表。矢崎容疑者は昨年「放射能の調査をする」などと言い住居へ侵入し、十代少女へわいせつな行為を働いており、「インターネットで知った漫画作品を模倣した」と供述している。”Yahooニュース

要するに、容疑者がその漫画の表現をマネしたから犯罪の原因は漫画だと警察は考えた訳ですね。

そして、漫画家も漫画でこういった表現は今後行わないと話したそうです。

これ、果たして表現が規制されることが解決へと繋がるのでしょうか?

例えば銀行強盗で大金を得るというドラマがあったとして、それを見て銀行強盗を行なった人物がいたら

そのドラマは規制されるのでしょうか? 

かなり前から話題になっている表現の問題ですが、個人的にはいかなる表現も規制されるべきでは無いと思います。

当然漫画を模倣したからといって犯罪を起こしたのは人間であって、漫画ではありません。

当然その表現を見て受け取る感情というのは十人十色で、当然犯罪を思いつく人もいるでしょう。

漫画を見た事で犯罪に繋がったとしても、悪いのは犯罪を犯した人間です。

そのために法律がありますよね。欲求が我慢できない人間が一定数いる事は誰でも知っています。

そもそも表現は規制されるべき?

しかし今回の報道だとイマイチ掴みかねない部分があります。

規制を要請されたのはアダルトな表現の中でも犯罪として模倣されたような内容、手口を規制されたのか。

そもそもアダルトな表現そのものを規制されたのか。と言うことですね。

仮に前者だとして、漫画を見て犯罪へと繋げるか否かは本人の考え次第だし、その漫画としての表現を規制する発想はよく分からないです。

規制のやり方も、犯罪があったからその表現を規制すると言うことを1件単位でやっていくのでしょうか?

例えば、18禁漫画を見た人全員がそういった犯罪を犯すとして、その全ての表現を規制したら犯罪は無くなるのでしょうか?

無くなるとすれば犯罪が関わる全ての表現を規制すれば良いという極論になりますよね?

また後者だとして、単純にアダルト表現を目の敵にでもしているのでしょうか?

いったい警察は何をしたくてアダルトの規制に動いたのか、事情を知りたいですね。

個人的には逆にこの世からアダルト表現が無くなった世界がどんなものか見てみたいです。

みんなアダルトに興味が無くなったわけじゃ無いですよ?

表現が規制されて全くそういったものが無くなった世界で、どうなるのかということです。

今回の一件はそういった世界が訪れれば犯罪は減ると考えている人たちの理想郷ですね。

どれほど平和な世の中なのでしょうか?気になります。

東芝への訴訟、請求額はいくらになる?東芝が負けたら潰れる?

東芝は13日、米国など海外の70の機関投資家が不正会計により、保有する東芝株が下落し損害を受けたとして、計438億9017万円の賠償を求める訴訟を起こしたと発表した。同様の損害賠償請求訴訟は、これで計26件となり、請求額は総額1000億円を超えた。Yahooニュース

東芝への請求額、どこまで上がるのか

現在でも訴訟件数26件、請求額1000億というとんでもない数字となっていますが、訴訟件数はさらに増えていくでしょう。

主に東芝の不正会計前までの投資家の数はかなり多かったということもあり、国内外問わず起訴していく流れが出来上がっています。

最終的に数百億単位での請求が増えれば総額で2000億以上になってしまうのではないでしょうか。

ただ、不正会計という株主や投資家にとって最悪の裏切りを働いたということもあり

それによる株価暴落での被害額は4000億以上とも言われています。

訴訟した人たちの怒りは治らないことでしょう。

東芝が裁判で負ける可能性は?

これまでも不正会計などで被害を受けた株主、投資家の訴訟などは多くありました。

ただ、その例ごとに判決も変わっているため、一概に必ず東芝は負けるとも言えない状況です。

そのため、民間でも東芝への訴訟を行う弁護士団を結成し、集団訴訟を行っているようです。

そもそも不正会計による被害に関して、東芝側は何の説明もしていないようです。

賠償も受け付ける気はないようで、そのために現在のような大訴訟に発展していると言えます。

ところで、この訴訟はどの程度勝ち目があるのでしょうか?

今回の件で立ち上げられた弁護団による訴訟の概要をみるとこのように書いてあります。

東芝の粉飾の発覚した平成27年5月8日時点で,東芝の株主であり,その後,株価の下落によって損害を受けた方は,粉飾被害に対して損害賠償ができる可能性があります。ただし,全員が損害賠償を請求できるわけではなく,東芝株を買った時期によって,有利,不利の違いがあります。

弁護団は,東芝に対して,原則として,粉飾決算による株価の下落によって損害を受けた全額を主張する予定です。

東芝は,粉飾被害に対して,裁判以外の方法では損害賠償には応じません。

したがって,粉飾被害を正当に回復するためには裁判が必要です。

裁判をすれば,時間はかかりますが,東芝に対して粉飾による損害を賠償させることが十分に可能と考えています。

株を買った時期によって有利不利はあるようですが、いずれにしても被害にあった方全員の被害額を請求する方針のようです。

今後東芝側がどのように対応するかはわかりませんが、実際に不正を働いていることは間違い無いですし、

これは裁判をもって、被害にあった人たちが満足いくような結末となって欲しいですね。

中国の国歌、ようやくテンポが決まる。いままでどうやってたの!?

【AFP=時事】中国政府は、国歌の扱いに関する規制を強化し、演奏する場所や方法を規定する法律の作成を進めている。同国ではすでに私的なパーティーや結婚式、葬儀で国歌を斉唱することは規制されている。

中国の国歌はどのように扱われていた?


国歌と言えばその国を代表する楽曲として国民から大切に思われる存在ですよね。

どの国でも自国の国家を歌うときは誇りをもっているものだと思います。

しかし、中国ではそういう意識があまり強くないといわれているんですね。

というのも、中国の国歌「義勇軍行進曲(March of the Volunteers)」では、

今まで国歌に関する規定が法律で定められておらず、テンポすらも決まっていないというのです。

特に国歌を歌うときの気持ちというのも無いため、歌うときの姿勢や、歌い方が悪かったりしたそうです。

確かに自国内だけなら良いのですが

オリンピックや、世界的にも公の場でこのような感じだと、政府としても中国のイメージに関わる問題なので

あまり放置していられないといった状況になってしまったのでしょう。

これからの中国国家はどうなる?

中国政府も自国の国歌が大事にされていないと感じたのか、ようやく国家に関する法律を決定したようです。

その中には国歌のテンポだけではなく、歌ってよい場所とそうでない場所、

歌うときの姿勢や雰囲気までも細かく指定してあるそうです。

中国としては珍しく法律の骨格が具体的に説明されています。これを機に国歌だけではなく、

諸々の著作権関連の事柄もしっかりと取り締まってほしいですね・・・