日産カルロスゴーン不正問題をわかりやすく解説!逮捕や発覚の経緯まとめ

  • LINEで送る

日産自動車の会長を務めていたカルロス・ゴーン氏

今回の申告に関する不正で逮捕に至ったわけですが、
実際に行われていた不正について、かなり複雑な部分もありますね。

ニュースを見ても非常にわかりにくい部分があると思いますので
今回の一件について、情報を整理してわかりやすく解説してみました。

スポンサーリンク

カルロス・ゴーンの不正問題とは?

今回の日産自動車で起こったカルロス・ゴーン氏の不正問題について、
全体図を見てみましょう。

カルロス・ゴーン氏が今回行ったとされる不正は

有価証券報告書の虚偽記載と言われるものです。

本来受け取っていた役員報酬の金額を実際より過少に申告したことで、
浮いたお金を自分のモノにしてしまうことができるのです。

カルロス・ゴーン氏が虚偽申告した報酬とは、
「ストック・アプリシエーション権」と呼ばれる株価に連動した報酬を受け取る権利によって得たお金です。

ちなみに、有価証券報告書とは、

会社のあらゆる実績収支財政状況から報酬までを記載して報告するための書類。
この書類は事業年度が終わるごとに内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。

要は会社の状況を政府株主から見えるようにして
不正をなくそうという意味もある書類です。

今回の虚偽申告の内容を具体的に出すと、

2011年3月期~15年3月期のゴーン氏の役員報酬が、

99億9800万円

だったところを、

49億8700万円

と偽って申告していました。

つまり、約50億円が虚偽申告によって報酬から抜かれていたということです。

更に、カルロス・ゴーン氏は不正に得たお金を私的に利用していた容疑もかかっています。

次ではカルロス・ゴーン氏が実際に行った不正について解説します。

カルロス・ゴーンはどうやって不正をした?

カルロス・ゴーン氏はこの有価証券報告書の虚偽記載を行っていたということで、大問題になっています。

更にその不正で得たお金を私的に利用したとして罪に問われる事となりました。

普通であればこの書類に虚偽の申告をすれば社内ですぐに気づきますし、
経理担当や幹部など、書類のチェックを行う役員はいるはずです。

それでも、今回このような不正ができてしまった理由については2つのポイントがあります。

 

  • 企業の会長という圧倒的な権力の強さ
  • カルロス・ゴーン氏の不正に協力した人物の存在

 

 

カルロス・ゴーン氏は日産自動車の会長として長年会社の舵を切ってきた人物です。

いわずもがなですが、日産で最も権力の強い人物なので、本人の裁量でどんなこともできてしまいます。

しかし、だからといって不正をするとなると権力だけではどうにもなりません。
当然会社として、その辺りに関しては社員も厳しく見ています。

なので、今回の不正はカルロス・ゴーン氏一人で行ったものではないと見ています。

となると、今回の不正に加担した社員が誰なのかが気になりますよね。

共犯者がいる?

今回の不正には共犯者がいると見て良いと思います。

実際にカルロス・ゴーンさんの不正に協力した人物というのが
日産自動車代表取締役のグレッグ・ケリー氏だと見ています。

この人物は、実質日産自動車のナンバー2と言って良いほどの立場にいる人物です。

この人物が複数の執行役員らに虚偽記載を指示していたことが分かっており、
不正を働いていた中心人物だったようですね。

今回の不正はカルロス・ゴーン氏とこういった複数の役員の間で動いていたため、会社全体で把握できなかったということです。

しかし、それだけ内密に動いていた不正が発覚したのはなぜなのでしょうか?

不正はなぜ発覚した?


カルロス・ゴーン氏の不正が発覚した理由について調べてみました。

どうやら今回の不正については、明らかな証拠はなかったものの、
申告に関しての不審な点があったことは会社としても把握していたようです。

日産自動車はこれについての情報を特捜部に提供していたようで
以前から捜査も行われていたようです。

その中で決定的となったのが、不正の指示を受けていた役員らが、
特捜部の「司法取引」を合意し、捜査に協力したということです。

Yahoo!ニュース

司法取引というのは、共犯者の事件の捜査や公判に協力する見返りに、
容疑者や被告の起訴を見送ったり、求刑を軽くしたりする制度です。

ここからカルロス・ゴーン氏やグレッグ・ケリー氏の不正についての情報が明るみになり、
逮捕に踏み切ったというわけなんですね。

逮捕の裏では警察との間でこういった取引などをしていたというのが驚きです。

処分はどうなる?

今回のカルロス・ゴーン氏逮捕で、彼の処分はどうなるのでしょうか?

逮捕の決め手となったのが、今回の金融商品取引法違反ですが、
どちらかというと横領のほうが罪は重い気がします。

もし、カルロス・ゴーン氏が金融商品取引法違反で罰則を受けるとすれば
かなり重い罰則となる可能性が高いです。

今回カルロス・ゴーン氏が不正をしたのは

有価証券報告書の虚偽記載

というもので、金融商品取引法違反の中でも最も重い罪に問われるものです。
具体的な罰則としては

10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、または併科

となる可能性が高いですね。

また、これに加えカルロス・ゴーン氏が業務上横領で罰則を受けるとすれば、
懲役刑が課される可能性があります。

業務上横領罪の罰則は10年以下の懲役となるようです。

四 長期十五年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については七年

引用元:刑事訴訟法第250条2項4号

カルロス・ゴーンさんは企業の会長という非常に権力の強い位置にいることもあり、
それを踏まえても罰則がより重くなる可能性は高くなってきます。

現時点では違反内容がが確定していないこともあり、
より詳しい状況になれば処分についても明確になっていくと思います。

日産の次期会長や今後の経営についてはこちら

日産の次期新会長は誰になるのか?今後の経営はどうなる?

まとめ

今回はカルロス・ゴーン氏の逮捕で不正の内容や
発覚までの経緯について調べてみました。

今回の問題でどういった展開になるのかは不明ですが、
今後もこの件については追っていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

日産記者会見の全文は?ゴーン会長逮捕経緯や不正の内容について

日産カルロス・ゴーンの後任新会長は誰になるのか?今後の経営はどうなる?

カルロスゴーンが海外で購入した住宅がヤバい!場所や値段(家賃)はいくら?

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください