お風呂に入るってこんなに良い!?知られていない美容や健康への効果!

  • LINEで送る

皆さん、お風呂は何のために入っていますか?

もちろん体を洗うためや、疲れをとるため、リラックスのためなど、いろいろな理由があると思います。

しかしお風呂に入ることはそういった理由の他にも美容や健康に良いとされる研究結果があるんですね。

そして、その効果はシャワーよりも湯船に入ったほうがより高いとされています。

人によってお風呂に入るタイミングや長さは違います。一体どんな入浴方法が効果的なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

お風呂にはどんな作用があるの?

お風呂には医学的に証明された健康や美容に良いとされる作用が3つあります。

一つ目は、「温熱作用」です。温める作用によって皮膚の内側にある毛細血管や皮下の血管が広がって血流が良くなります。

血流が良くなることで体内の老廃物やコリ、疲れなどが取れることが分かっています。

肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを和らげる効果の他、筋肉の柔軟性を高める効果もありますので、体を柔らかくするストレッチを行うのは入浴後がベストタイミングです。

ただし、打撲や筋肉痛の直後などは温めると痛みを増して逆効果になります。痛みが落ち着くまでは冷やして、入浴はシャワーで済ませる必要があります。

次に、「浮力の作用」というものがあります。水中の物体には浮力が働きますが、それは湯船の中でも同じです。

お湯につかると重力は地上の約10分の1になりますので、体の重さを軽減し、筋肉を緩めて足腰への負担を軽くするのでリラックス効果が高くなります。

3つ目は「静水圧作用」です。静水圧とはお湯につかることでかかる水圧のことです。お湯に入ることでウエストが3センチ以上縮むといわれていることはご存知でしょうか。

このように体に圧力をかけることで、下半身にたまった血液やリンパが心臓へと戻りやすくなり血液の循環を促進します。

むくみの解消にもなりますし、疲労物質を流す効果も高いのです。

水圧によって作用が変わる!?

静水圧の作用に関係があるのがお湯の深さです。

水圧は深くなるほど高くなりますので肩までしっかりお湯につかる「全身浴」では「温熱・浮力・静水圧」というお風呂の医学的作用を最大限に引き出すことができます。

しかし、血液の循環が急激に良くなりますので、心臓にかかる負担が大きいため高齢の人や高血圧が気になる人は避けた方が良い入浴法になります。

また、温熱効果が高いのですぐに汗をかくほど体が温まります。

温まりすぎるとエネルギーをたくさん使ってしまい、入浴後に疲労がたまりやすくなりますので、浸かる時間を短くするなどの工夫が必要になります。

半身浴が効果的!

「半身浴」はみぞおちのあたりまでのお湯につかる入浴方法です。

お湯の深さが全身浴に比べて浅いので心臓にかかる負担が少ないため長時間の入浴に向いています。

下半身に水圧をかけることで、老廃物や血液を心臓に戻しやすくなるため「むくみ」が気になる人や下半身の疲れを感じている人におすすめの入浴方法です。

半身浴をするときには、37度くらいのぬるめのお湯がベストです。

美容や健康に良いお風呂の入り方!

体全体の血行を改善し、関節や筋肉が柔らかくなるお風呂では、体の様々な症状の改善も期待できます。

腰痛」への効果を高める入浴方法は、浴槽の中でのストレッチです。

手で浴槽のふちをしっかりとつかんで、腰をひねるイメージで左右にまわします。

無理に力を入れてまわさなくても、少しひねるだけで腰周りの緊張を和らげることができるので慢性的な腰痛のある人にお勧めです。

まとめ

いかがだったでしょうか?それぞれ、いろいろな悩みを持つ人に合わせて入浴のスタイルを変えて行くことが重要なんですね!

お風呂に入るということは体だけではなく、心にも良い作用があります。自分なりの気持ちいい入浴方を探してみましょう!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。