電動アシストベビーカーは軽車両で車道を走るのは危険?どこを走ればいいの?

  • LINEで送る

経済産業省では、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」によって、電動アシスト付ベビーカーは道路交通法に定める「小児用の車」に該当せず「軽車両」に該当すると発表した。Yahooニュース

これはもう少し詳細な説明がほしいと思った方は多くいるのではないでしょうか?

経済産業省は電動アシスト付きベビーカーを「軽車両」という種類に区別したのですが、

その通行ルールが問題視されることは避けられないでしょう。

実際にどのような通行が許されるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

電動アシスト付きベビーカーは軽車両

これまで、電動アシスト付きベビーカーはしっかりとした区分けがされていなかったんですね。

基本はベビーカーと同じ扱いで「小児用の車」ということにされていたのですが、

経済産業省はこれを「軽車両」という扱いにするそうです。

電動アシスト付きベビーカーが「軽車両」になるとどういうことが起きるのか

あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか?

実は「軽車両」になることで起きる一番の問題が、

通れる場所、通れない場所が発生するんですね。

実際にどういった通行ルールになるのかみてみましょう。

通行ルールは?

問題となる「軽車両」の通行ルールですが、道路交通法では以下のように規定されています。

軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる。
2  前項の場合において、軽車両は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。出典:(道路交通法第17条の2・軽車両の路側帯通行)

簡単に言うと「軽車両」は車道または路側帯を通行することが基本ルールとなっています。

原則として歩道は通ってはいけないということです。

でも、電動アシスト付きベビーカーで車道を通るってかなり危険じゃないですか?

事故の可能性はあがるし、赤ちゃんを車道側に走らせるということですから、

常識的に考えてもいやですよね。

でも区別として「軽車両」になってしまった以上、このルールが適用されることは避けられません。

ただ、こういった軽車両でも歩道を走ることができる条件があります。

その条件がこの3つです。

・「自転車通行可」の道路標識又は「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
・運転者が13歳未満若しくは70歳以上、又は身体に障害を負っている場合
・安全のためやむを得ない場合

特にこのうちの3つ目の判断基準がかなり曖昧ではあるのですが、

単純に子供を車が通行する道路に晒すのは危険だ

という観点から安全のため歩道を走らせていると考えれば、

わざわざ車道や路側帯を走る必要はないかと思われます。

常に路側帯に寄れるわけでもないですし、

車が路上駐車などをしていた場合、車道に出るという大変危険なことをなければなりませんからね。

というわけで、電動アシスト付きベビーカーを使う場合、

車道を走ることを強制されているわけではないという結論となりました。

だとしたら、この「軽車両」という区別もあまり意味がないような気もしますよね。

まとめ

このニュースがでた時にまさかと思いましたが、

よく考えれば同じ軽車両である自転車も普通に歩道を走っていますよね。

今回は電動アシスト付きベビーカーの交通ルールの変化について書いてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。