auの携帯料金値下げはいつから始まる!?2018~2019年で本当に安くなるの?

  • LINEで送る

携帯料金といえば私達の生活に大きく関わっている出費の一つです。

特に大手キャリアでは本体料金を含めて毎月10,000円近く取られているのが現状・・・

携帯料金の値下げについては常に気になる話題ではありますよね。

最近ではNTTdocomoが携帯料金を4割値下げするとのこと。

これはauユーザーにとっても注目ですよね。

そこで、今回はauの携帯料金の値下げがいつから始まるのか、

本当に携帯料金が安くなるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

auの携帯料金値下げはいつから?

auが携帯料金を値下げする時期はいつからなのか調べてみました。

auユーザーにとっても悩みの種となっている携帯料金。

現時点でauが携帯料金を大幅に下げるという話は出していませんが、

とある理由によりauが大幅値下げをする可能性が非常に高いことがわかりました。

それこそがdocomoが発表した携帯料金の4割下げという施策です。

これでドコモの携帯料金が実際に安くなれば各キャリアの値下げ競争は更に激化していきます。

ドコモがこれだけ安くするならうちはもっと安くします。

と、言った感じで、単一のキャリアが一人勝ちしないようにauも様々な値下げ施策が行われるでしょう。

結論を言うと、auの携帯料金が安くなるのはdocomoの4割値下げが実施されるタイミングに合わせて始まると見ています。

ちなみに、あまりに安くするのはキャリアの収益に影響がでるのでは?と思う方もいるでしょう。

それについては法人向けサービスなどの非通信事業や、これから始まる5Gや光回線などの新サービスで収益を伸ばすと見ています。

それまでの値下げによる、ある程度の減収はあえて受け入れる方針なのだと思います。

本当に安くなる?

携帯料金のプランって頻繁に変わったりして、そのたびにお得です!と言われながらも

請求書をみるとあまり変わっていなかったりすることって多くないですか?

実はdocomoの「携帯料金4割下げ」には仕組みがあります。

まず、従来の端末代金通信量から値引くという割引方法がなくなります。

そのため、今まで端末代金を補助していた分を私達が負担しなければいけません。

逆を言えば、キャリアはその負担がなくなるので、その分通信量を大幅に値下げする事ができるのです。

なので、キャリアからしてみれば大幅な値下げを実施していると言えるのですが

私達の支払う金額として、短期的に見ると大きなお得感は感じられなさそうです。

これまでの「端末代金は安いが通信量が高い」というイメージから

端末代金は安いが通信量は安い」というイメージに変わる感じですね。

長く使えばメリットは大きい

一見するとあまり意味のない変化だと思いますよね?

それならば、この値下げ施策にはいったいどんなメリットがあるのかというと、端末代金を支払った後がお得なのです。

今までの値引きは端末代金をサポートするという名目で2年間の期限付きで割引を行っていました。

なので、2年が過ぎると割引がなくなり、携帯料金もそのまま請求されてしまうため、

2年で携帯を変えるという流れが定着していました。

しかし、今回の場合だと通信料金そのものが値下げされるのでそこから価格が戻ってしまうこともありません。

例えば携帯電話を24ヶ月の分割で購入した場合、その2年間は通信量+端末代金を支払いますが

端末代金の支払いが終わった後は値下げされた通信量を支払うだけなので、同じ端末を使い続けるだけで安く済みます。

なので、大まかにいうと1度端末代金を支払えばずっと割引が適用されるような状態と捉えるとわかりやすいかもしれません。

私達ユーザーからすれば、「2年で買い換えないと安く携帯が使えない」という心配がなくなったことが一番のメリットかもしれませんね。

まとめ

今回はauの携帯料金値下げがいつからなのか、本当に安くなるのかについて調べてみました。

auの携帯料金値下げは他社が大幅値下げを実施するタイミングに合わせてくると見ています。

本当に安くなるのかについては短期的には割高に感じるが、長く使うことで安くなり、契約期間に縛られることがなくなるメリットもあることがわかりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。