アパマンショップ消臭抗菌代の内訳はスプレー缶を使っただけ?何をしていた?

  • LINEで送る

北海道札幌で起きた爆発事故について、事故の様子が徐々に分かってきましたね。

どうやら今回の爆発はスプレー缶の処分中に起きた事故のようで、
漏れ出たガスに引火して爆発が起こったそうです。

そして、このスプレー缶についてはアパマンショップが使っていたものではないかという声が非常に多いのです。

一体どういうことなのか、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

アパマンショップ消臭抗菌代の内訳は?

今回爆発の原因となったスプレー缶はアパマンショップが使用していたものではないかと言われています。

どうやらアパマンショップでは契約の際に「消臭抗菌代」というものが取られていたようです。

その額2万円

そして、その内訳や何を使っているのかなどは長らく謎につつまれていました。

しかし、今回の爆発事故で大量のスプレー缶が見つかったことで、
これはアパマンショップが使用していたものなのではないかという疑惑が上がっています。

現時点ではアパマンショップのものなのかどうかは不明ですが、
近隣の店舗でスプレー缶を大量に使うと思えるお店もありませんし、
アパマンショップの「消臭抗菌代」がかなり怪しくなってきますよね。

実際は何をしていたのか

アパマンショップの「消臭抗菌代」が実際にどんなことをした結果2万も取ることになったのか、
詳しい処理方法が気になりますね。

むしろ、もしアパマンショップが消臭抗菌代と称して行っていた処理が「消臭スプレー」を撒いただけだったら・・・

完全にぼったくりですよね。

実際にアパマンショップの消臭抗菌代を支払い、処理をしてもらったという方からはこんな声が・・・

なぜ2万も支払ってこういった声が聞こえてくるのか

なぜ大量のスプレー缶が必要だったのか

そこがアパマンショップの店舗だったということにも疑問が残りますね。

これからもこの問題へ火が移りそうですし、責任を問われることにもなりますから
アパマンショップの賠償金がものすごいことになるかもしれません・・・

アパマンショップの賠償金はいくらになる?札幌平岸の爆発事故について!

引き続き詳細を掘り下げていきたいと思います。

まとめ

今回は北海道札幌で起きた爆発事故について、

見つかった大量のスプレー缶からアパマンショップが「消臭抗菌代」と称して
使用していたものなのではないかと疑惑が上がったので、実際に調べてみました。

火のないところに煙は立たないですから、今回の問題も更に進展がありそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

アパマンショップの賠償金はいくらになる?札幌平岸の爆発事故について!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください