初めてのアルバイトをするならどこ?最初の1社が肝心!

  • LINEで送る

日本におけるアルバイトの雇用は15歳以上であり高校生以上であることが法律で定められています。

これからアルバイトを始めたいと思っている学生の方で、実際どういう内容の仕事があるのか、私の経験も含めて紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

普段見慣れている仕事を考えてみる

皆さんがアルバイトをしたいと思った時まず始めに思い浮かぶ仕事はなんでしょう?

飲食店やアパレルの販売、スーパーのレジや品出しやコンビニ店員など。

きっと普段買い物に行くときに利用したことのあるお店などが浮かぶと思います。

私自身、高校入学した当初は地元のよく買い物に行っていたスーパーのレジ店員を選びました。

でも実際に働いてみると、買い物に行っていた頃のあのウキウキ感や華やかな印象はなかったんです!!

とにかく欲しいものを買うためにアルバイトをしようと思ったあの頃。

すんなり面接を突破し、期待と希望に満ち溢れていたあの時。
私は肝心なことを見逃していたんです…

それは

そもそも人と話すことが苦手だった,,,

入社初日から地獄だったんです。
ましてや田舎のそこにしかないような大きなスーパーだったのでとにかく接客時間が多かった。

さらには大きな組織だったためマニュアルもありその通りに接客しないと店長からお叱りが来るなどメンタルの弱かった私にはまさに地獄でした。

そんなこともあり、アルバイトに対するトラウマも残しつつわずか1ヶ月で辞めることになりました,,,

そんな余談も含め自分の人生、最初の1社はとても大事なのです。

自分の性格に合った仕事を選ぶ

そんなこともあり最初の1社というのはその後のアルバイト選びに影響を与えかねませんので自分の性格や苦手なことを意識した上で選ぶことが大切です。

よくある考え方で
「自分の苦手を克服するためや社会経験のために」

という考え方がありますが、確かにこの考えもとても大事であり私自身も当初は希望を持ってやっていました。

ですが、これから”学生生活”を送っていく上でそれは自然とつくものです。

あまり身構えて考えるよりも、アルバイトをする=お金を稼ぐため
と割り切ってしまいましょう。

では、自分の性格に合ったアルバイトの種類を私がこれまで関わった仕事から例を出してみましょう。

仕事を選ぶ際の例

それでは、私自身が過去に経験したものを紹介します。

コンビニ店員

時給の割にかなりの肉体労働です。
レジ打ちから商品の品出し、寒い飲料物の補給など、さらには荷物の受け取りや手続きなどそれ単体の仕事もあるにも関わらずそれら全てを時間帯によっては一人でやります。

なので「とてもハード」です。
コミュニケーション力のある人、肉体的、精神的にも強くパワフルな人に向いていると思います。

また、1日に関わるお客さんの人数が多く、一対一でのやりとりが多いためトラブルなどが多いというのもあります。

飲食店

アルバイトの中でも高校生でこの仕事を選んでいる人は多いと思います。
飲食店は種類やパターンがたくさんあります。

①フードコートの中にありフードコート内に他店舗がたくさんあるタイプ。
②一つのお店としてあり、その中でホールやキッチンなど店舗の規模によって役割が決まっているタイプです。

これらの特徴としては①はとにかく忙しい時期と暇な時期の落差がすごく仕事面でもシフト面でも状況が変動しやすいです。

今月はたくさん入りたいのに人数や暇な平日はほとんど入れないなど働いているアルバイトさんの生活面での不満が募り人の入れ替わりが激しい傾向があります。
もちろんのこと狭い環境で仕事をするため働いているメンバーとの交流が多いためコミュニケーション力も必要です。

②の場合、店長との相性がとても大事な気がします。
長く続けている先輩も高校生だろうと大学生だろうと店長に信頼され、気に入られている人はかなり優位な立ち位置にいると思います。

なぜかというと日本の行事に合わせてお店の繁忙期があるときにアルバイト含め、どう乗り切るか話し合う機会が多いからです。
そこで的確な判断ができ、かつある程度の知識がある人は結果的に優位な立ち位置になるのです。

フードコートの店舗とは違って大きなお店が多いため大変なことが多いと思いますが、組織の一員になって協力して仕事をこなすことが好きな人に向いていると思います。

アパレルショップ

アパレルは服の販売や靴など、普段自分達に身に着けるものを総称します。

この業界の特徴としては、結構自由が多い印象があります。

自由というとルールと思うかもしれませんが逆に組織のルールは厳しめです。

やはりアパレルといえばオシャレを意識するため服装や髪型についてはかなり自由な気がします。

しかし特定のブランドを扱うお店の場合だとそのお店のブランドを着ていなければいけないルールがあったりするので、オシャレが好きだからアパレル店員になりたいではなく、どんな服装でもオシャレに着こなせることができる! または着こなせるようになりたい! という気持ちがある人にとっては働いていてとても楽しめる環境だと思います。

最後に

今回はアルバイトをしたいけどどんな仕事があるのか。という方達に向けて自分の経験を含めて簡単に紹介させていただきました!

もちろんそれぞれ目的があってアルバイトを選ぶと思いますが、その業界や特徴をよく調べてから自分にあったアルバイトを探していただければと思います!
世の中にはたくさんの仕事があり、自分にとっての適性を選んで楽しいアルバイト生活を送れればと思います!

今回は最後までご覧いただきありがとうございました!!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください