アイクぬわらが日本のお笑い芸人を目指したのはなぜ?きっかけやエピソードなど!

  • LINEで送る

14日放送の番組「アメトーーク!」にお笑い芸人の「アイクぬわら」さんが出演します!

まだまだ知名度がそこまで高くないアイクぬわらさんですが、

巷では次のブレイク芸人候補だとも言われています。

そんなアイクぬわらさん、出身はアメリカということで、

一体なぜ日本のお笑い芸人になったのか。

そのきっかけなどが気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

アイクぬわらってどんな人?

そもそもアイクぬわらさんがどんな人物かあまり知らない方も多いのではないでしょうか?

アイクぬわらさんはワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人、

現在「超新塾」というグループで活動しています。

2006年頃日本へ来日お笑いの勉強をするために大阪へ住んでいたということです。

それ以前は外資大手証券会社ゴールドマン・サックスに勤めていたという驚くべき経歴の持ち主なんですね。

そして2011年、お笑いグループ、超新塾のオーディションに受かったことをきっかけにその活動を本格化させます。

そのほか、人気テレビ番組「おはスタ」のバイリンガルMCとしても活動していて、

テレビでも注目を集め始めている人物だということがわかりますね〜!

そんなアイクぬわらさんのイチオシの持ちネタが

東京ディズニーシーの入り口のアナウンス」です!


芸人を目指したきっかけは?

アイクぬわらさんがお笑い芸人を目指したきっかけってなんだったのでしょうか?

もともとアイクさんはITのエンジニアを目指していたようで、

ワシントン州の大学を飛び級で卒業し、ゴールドマン・サックスで働くなど、キャリアとしてはエリートとも呼ばれる人物です。

そのまま働いていたら安泰なのに・・・と思うところもありますが、

どうやら日本のお笑いにはアイクぬわらさんの心を動かす何かがあったようですね!

アイクぬわらさんが初めて日本のお笑いに出会ったのは大学時代。

シアトルのチャイナタウンにある日本のビデオ屋にあった「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」を見たそう。

その中で高田純次の早朝バズーカのコーナーに大変な衝撃を受けたそうで、

これがお笑い芸人を目指す最初のきっかけになったそうです。

言葉はわからなかったものの、その面白さはアイクぬわらさんの心を動かしたようですね。

確かに早朝バズーカはかなりのインパクトがありますし、

目で見て楽しませる要素が強いので、言葉がわからなくてもそれなりに面白さは伝ります(笑)

その後も高田純次、アンタッチャブル、おぎやはぎ、ナインティナイン、ダウンタウン、くりぃむしちゅーなどのネタを見ているうちに、

日本でお笑い芸人になるということが夢になったそう。

そして大学卒業後1週間で来日、本格的にお笑いの勉強を始めたそうです。

異なる文化の笑いってかなり難しいですよね。

私たちからしてもたまにアメリカ人がなんでここで笑うのっていう時がありますし。

言葉を覚えるのとはまた違った苦労があったと思います。

それでもその感覚をアイクぬわらさんはマスターし、超新塾のメンバーとして活動できているのだからすごいですよね。

ちなみに、アイクぬわらさんはお笑い芸人「ロッチ」中岡創一と仲が良いようで、プライベートでもかなり付き合いが長いようです。

まとめ

最近話題の芸人、アイクぬわらさん。

今後はどのようなネタを繰り出していくのか気になりますね。

彼自身、バラエティ番組「有吉の壁」にめっちゃ出演したいようで、

いつかその夢が叶うことを願っています!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。