北朝鮮ミサイルの発射時刻は何時何分?交通機関が全ストップの可能性も!

  • LINEで送る

いよいよ本格的に警戒が始まった北朝鮮によるミサイル攻撃。

北朝鮮Xデーとも言われていますが、実際に発射されるのはいつ頃なのかという議論がなされていますね。

ただ、もっと気になるのは「実際に発射されるのは何時ごろになるのか?」ということです。

前回発射された際にも日本にいろいろ影響がでていましたよね。

発射される時間が分かれば我々も対応がしやすいという事で、

実際に発射されるのが何時ごろになるのか調べてみました。

スポンサーリンク

ミサイルの発射時刻は何時何分?

実際に北朝鮮からミサイルが発射されるとしたら、何時ごろになるのでしょうか?

発射される時間が分かればそれ合わせて身構えられるし、対処しやすいですよね。

万が一日本に落ちてくるという事も考えれば時間を知っておくというのはかなり生存率が高まります。

調べる方法としては発射される時間を知るためにも過去、どの時間帯に発射されていたのかを見てみる必要があります。

今年発射されたミサイルの数は14回。それぞれの発射時刻を調べてみました。

  • 2月12日午前7時55分
  • 3月6日午前7時36分
  • 3月22日午前7時49分
  • 4月5日午前6時42分
  • 4月16日午前6時21分
  • 4月29日午前5時30分
  • 5月14日午前5時28分
  • 5月21日午後4時59分
  • 5月29日午前5時40分
  • 6月8日午前6時18分
  • 7月4日午前9時39分
  • 7月28日午後11時42分
  • 8月26日午前6時50分
  • 8月29日午前5時57分

調べてみたところ、どうやら北朝鮮のミサイル発射は午前中に行われることが多いようですね。

ただ一度だけ、5月21日の時だけは午後4時59分に発射されています。

こうなると必ずしも午前中に発射するというわけではなさそうですね。

恐らく実際にミサイル攻撃を仕掛ける際「奇襲をする」という想定であえて違う時間帯を狙うという事もあるそうです。

ただ、それも年に一度程度なので、9月9日のミサイル発射が午後に行われるという事は少なさそうですね。

これらの傾向から考えて、ミサイルは午前6時から7時30分の間に発射されるという可能性が非常に高いです。

この時間帯、日本では丁度出勤時間と重なるという方も多いのではないでしょうか?

ミサイルが発射された場合、日本の交通機関はどうなるのでしょうか?

ミサイル発射で交通機関はどうなる?

ミサイルが実際に日本上空を通過した際、Jアラートが通知された地域では鉄道などの交通機関は運転を見合わせていました。

ミサイルの通過が確認された後、順次再開ということになったようですね。

そうなると、ミサイルが通過する地域の交通機関は一時的にストップするという事なので、

当日、通勤、通学に鉄道などを使っている方は電車などが止まるという事も想定したほうがいいかもしれません。

また、飛行機を使うという方もミサイルの通過地域となった場合、フライトが遅れるという事も考えたほうがいいですね。

万が一日本へミサイルが落下するという事があればなるべくすぐに乗り物からは出てください。

一件安全なように感じますが、地震などの自然災害と違ってミサイルは範囲内の建造物や乗り物を確実に破壊します。

更に熱波や衝撃波などを起こすので車や乗り物などにいてもその影響を受け、炎上します。

特に金属類は灼熱になるので、閉じ込められた場合は死に至るほどの大やけどを負ってしまいます。

なるべくそういったものからは離れて、姿勢を低くすることが生存率を上げる手段です。

こうした有事の際に身を守る上でもミサイルの発射時間は頭の中に入れておくと、いざというとき対処しやすいと思います。

まとめ

北朝鮮のミサイル発射、果たしていつになるのでしょうか。

今月は特にXデーともいわれ、ミサイル発射の可能性が濃厚なので注意する必要があります。

特に午前6時から7時半ごろというのは一番発射の可能性が高い時間帯なので、日々意識しておきたいですね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。