2017年は花粉が多い!鼻水鼻づまりに効く対策グッズ5選!

  • LINEで送る

皆さんは今年の花粉がどれくらい飛散するかご存知でしょうか?

今年の花粉量の予想では去年の4倍も花粉が舞うそうなんです!

毎年花粉に悩まされる僕ですが、今年は流石になにもしないと生きて行けないのではと危惧しています。

特に鼻水や鼻づまり、かゆみの症状がひどいので必ずと行っていいほど鼻炎などの薬を飲んでいます。

今年は更にしっかりとした対策をしていきたいので、今回僕が使おうとしているおすすめの対策グッズをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉症による鼻の症状


花粉症によって引き起こされる鼻の症状には様々な物があります。

鼻に効く!といっても自分の症状によっては合わないものもありますので、まずはどのような症状なのかを知っておきましょう。

鼻のかゆみ

花粉症になると多くの人がこの症状に悩まされるのではないでしょうか。

一度かゆみが現れるとなかなかおさまらず、様々なところで困ってしまうことが多いです。

特に集中力が低下したり、ストレスになってしまうことも問題ですね。

鼻のつまり

鼻が詰まってしまうと、仕方なく口呼吸になってしまい身体への酸素の流れが悪くなってしまいます。

喋りづらいし、息苦しさのもとにもなってしまいますので早めに治したいですよね。

鼻水

鼻水がとまらなくなってしまうというのも花粉症の代表的な症状ですが、とにかく人前に出る時に困りますよね。

通勤通学中など人が多いところでは気になりますし、鼻をかみすぎるのも身体によくありません。

できれば鼻にティッシュを詰めておきたい気分ですが、一番良いのは鼻水がでなくなることですよね。

くしゃみ

僕が毎年悩まされるのもこのくしゃみが酷いからという理由です。

人によっては本当にノンストップでくしゃみが出てしまう方もいるらしく、やはり人前に出る際にとても気にしてしまいます。

呼吸もうまく行えないし、声もでてしまうので、もしかしたら人に迷惑をかけてしまうかもしれないと考えてしまいますよね。

鼻に効く!花粉対策グッズ5選!

こんな症状に毎年悩まされていても良いことなんてないので、あらかじめ対策をして花粉症の季節を乗り越えましょう!

今回は鼻の症状に特化して効き目のあったものをご紹介したいと思います。

ノーズマスクピットR


鼻に入れるタイプのマスクで、鼻に入る花粉を抑えることで症状を起こさないようにしてくれるグッズです。

マスクを鼻に入れる・・・?と疑問に思ってしまいますが、実際はかなり効果があるようです。

従来のマスクではマスクにできてしまう隙間から花粉が入り込んでしまうのですが、このグッズはそんなこともなく、鼻への花粉だけを徹底的にシャットアウトしてくれます。

どのくらい抑えてくれるのかというと花粉を含めた細かいチリなども99%以上カットしてくれるそうです。

また、見た目上も気にならないほど本体を隠してくれる設計になっているので、普段と変わらない生活で使用することができます。

アレグラFX


こちらは花粉によるアレルギーを抑えてくれる飲むタイプの薬となっています。毎年CMなどで有名になっていますが効果も確かなようですね。

即効性はないのですが、飲み続けているうちに鼻のかゆみや鼻づまりが軽減されていき、花粉に対してあまり気にならなくなりました。

これはあらかじめ早めに飲み始めたほうが良さそうですね!個人的には一番効果があるかもしれません。

ハナクリーンS


こちらは少し前から話題になっている鼻うがいをするグッズです。

鼻から液体を注入し、うがいの要領で口から出すことで鼻やのどにある花粉や雑菌を洗い流してくれます。

少しやりづらそうな印象があると思いますが、実際はとても簡単にできてしまうのでおすすめしています。

洗い流したその場から効果がありますので、即効性を求めるならこのグッズがおすすめです。

ナザールスプレー


こちらはかゆみや炎症を起こしてしまった時に鼻に噴射することで症状をやわらげてくれる薬です。

鼻づまりや鼻水、その他鼻炎に関する様々な症状に効果があるので、鼻の万能薬として使っています。

ただ効果はあまり持続しないので、つらいときの気休めとして考えておくと良いかもしれないですね。

ブリーズライト


こちらは鼻に貼り付けることによって鼻腔を広げ、空気の通りを良くしてくれるグッズです。

鼻づまりに悩まされている時はこちらが効き目がありますが、即効性はないので夜寝る前など時間に余裕がある時に使用することをおすすめします。

また、鼻のかゆみや炎症を抑える効果はないのでご注意下さい!

まとめ

いかがだったでしょうか?

いまのところ花粉症が完治するような薬は開発されていないので、症状を和らげたり、予防するという対策しかないのが残念ではあります。

なので、こういったグッズを駆使して花粉症を乗り越えるというのも一つのイベントみたいなものだと捉えてしまいましょう!

他にも気になった対策法などを見つけられましたらぜひ試してみて下さい!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。