冬は風呂上がりの”のぼせ”に注意!ヒートショックとは?

  • LINEで送る

急に寒波がやってきましたね。

こんな寒い時期は暑いお風呂にはいってリラックスしたいものです。

皆さんはお風呂に入って”のぼせる”ということはよくあるでしょうか?

実はこの時期の「のぼせ」というものに危険が潜んでいるのです。

一体何が危険なのかということをまとめてみました。

スポンサーリンク

のぼせるってどんな状態?

のぼせている状態というのは身体が熱くなり、意識が朦朧としているような、ぼーっとしている状態になりますよね?

これは血管の収縮や弛緩がしっかりと機能していない状態で、血管が開いたままになり、血液の循環に影響が出ている状態です。

自律神経が乱れている時も同様な状況が起こり、インフルエンザなどに感染している時もこのようなのぼせが発生します。

この状態で冬の寒い気温に晒されると急激な血圧の変化が起こり身体に悪影響が起こるのです。

そしてこの寒暖差による身体へのダメージのことを「ヒートショック」と言います。

ヒートショックってなに?

ヒートショックは主に寒暖差の激しい環境にいることで血圧や脈拍が激しく上下し、身体へのダメージが起こります。

健康な人間であれば多少の寒暖差は平気なのですが、身体の弱い方や高齢者がこの状態になると、脳卒中心筋梗塞になるおそれがあります。

更に、今の時期のような非常に寒暖差の激しい状態では、健康な人でも”のぼせ”が起きることによってヒートショックになりやすくなってしまいます。

こんな人は要注意!

お風呂に入る前後で特にヒートショックになりやすくなってしまう人の特徴があります。

  • 熱いお湯に肩まで浸かる
  • 外出時など、身体が冷えている状態ですぐにお風呂に入る
  • 飲酒後にお風呂に入る
  • 風邪薬や抗生物質を飲んだ後に風呂に入る

上に当てはまる人はヒートショックになるリスクが高いので注意しましょう。

基本的に温度差が大きいほどヒートショックは起きやすく、寒いところと暑いところで10℃以上の差がある場所では注意が必要です。

ヒートショックの対策と予防は?

ヒートショックは基本的に環境(部屋や風呂場)の温度差と身体の温度差が開きすぎていることによって起こります。

なので、まずは部屋の温度を一定にして、身体との温度差を減らす工夫が必要になってきます。

とはいっても暖房の有無や環境によって一定にするというのはなかなか難しいですよね。

なので少なくとも身体をあらかじめ温めるということを守ればヒートショックのリスクは減っていきます

例えば、食後は血圧が下がり、体温も低くなっているのですぐにお風呂に入らない

お風呂に入る前にあらかじめ浴室を温めておく、身体が冷えている時は半身浴をするなど

その時の状況にもよりますが、身体を少しづつ温度に慣れさせていくということが大切になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?意外とヒートショックを知らないという方は多いので、もしご家族の方でヒートショックの危険性が当てはまる方がいましたら

一度ヒートショックについてお話してみると良いかもしれません。

特にこの時期は本当に寒いので、お体には十分気をつけてくださいね!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。